医師転職エージェントを利用する側の方々にとっては、とてもうれしく、頼もしい存在です。
一方で、こういった制度を利用する際、医療機関側のメリット等は果たして存在しているのでしょうか。

確かに、改めて考えてみると非常に気になる部分ではありますよね。
お互いにメリットがなければ、どこかでシステムのほころびが見えてくるもの。
もしかしたら利用する側にとってもあまり良いシステムではないのでは?と思われかねません。

そこで、今回は採用医療機関側における医師転職エージェントのメリットについて、お答えしていきたいと思います。

1.優秀な人材を集めることができる


一般的な募集と違い、転職エージェントを利用すれば、病院側のニ-ズにあった人材の紹介が優先されます。

利用する側からすれば普段見えない部分かもしれませんが、応募の段階で既にある程度門の広さが決められていると言い換えることもできるでしょう。

2.コストが安くつく


医師募集をかけるにあたって、皆さんはどのような手間やコストなどがかかるのか、ご存知でしょうか。
広告業界における相場はある程度決まっているため、そういった所に掲載するにはそれ相応のコストがかかってしまいます。

しかし、その点では転職エージェントを利用することにより、かなりコスト安に納めることができるのです
例えば、広告掲載となると、人が来ればいいですが、来ない可能性もありますよね。
それでも費用はかかってしまいます。

一方、こういった形態では人材一人あたり幾らなど、人材に対してコストが計算されるのが一般的です。
そのため、無駄なロスなどがなく、安心して頼むことができるわけです。

3.様々な面において手間を省くことができる


これも大切ですね。
求人をかけようと思うと、馴染みの営業に連絡をするにしても、掲載に関する打ち合わせやコストに関する相談、色々な面で手間がかかってしまいます。

しかし、こういった転職エージェントがいる会社に依頼してしまえば、採用基準にあわない人材と面接することも減るなど、細かな手間を省くことができます
つまり、時間的コストの削減も可能ということですね。

4.WIN―WINの関係


以上3点をみてみると、採用を狙う病院側からしても大きなメリットがある制度であるということがわかりますね。

お互いにウィンウィンの関係になるので、応募希望者にとっても安心して頼むことができるシステムであるということです。